メイクのノリをよくする化粧水でのパック

朝のメイクの仕上がりはその日1日の女性の心にも大きく影響をするので、時間がなくてもいい加減なメイクはできません。でも肌の状態がイマイチだと、いくら高級ブランドの化粧品を使ってもメイクのノリはイマイチです。朝からテンションを下げることのないように、ファンデーションのノリを良くする方法として、化粧水をしっかり使った保湿ケアをしています。夜ほど時間の余裕がないのが朝ですから、洗顔後に肌に化粧水を手のひらで塗布したら、今度は打出の内科でコットンにたっぷりと化粧水と染み込ませて、ほんの1分間ほど顔にのせてコットンパックをするのが習慣です。その後コットンにまだ残っている化粧水はネックラインまで伸ばして浸透をさせて、乳液をつけてからメイクに入ります。すぐにメイクをするとよれてしまうので、肌に化粧水と乳液が馴染んだことを確認して、化粧下地とファンデーションをのせるのがコツです。コットンパック無しより確実にファンデーションのノリは良くなりますし、十分な保湿がされているのでメイク崩れも起こしにくくなります。